えくぼと鹿と魚の子

アクセスカウンタ

zoom RSS 「ジウ」絶賛放送中

<<   作成日時 : 2011/09/01 00:54   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2





八月が終わってしまいました。
今年の夏も予想通りの猛暑続きで、私は今年もビールの消費量が相変わらず減らず、八月初めぐらいに一度鈍い痛みが下腹部を襲い、1年10ヶ月前の尿管結石を再発させたかと恐怖に慄きました(2009/11/19の記事参照)。でも今回は鎮痛剤を飲んで数時間ガマンをしていたらケロッと治りました。
あれはなんだったんだろう。単に別の原因の腹痛か・・・それともわずか数時間で石が出てしまったのか・・・。
で、喉元過ぎれば熱さを忘れる、じゃないですが、翌日にはもう暑さに耐え切れずまたビールをあおる日々が続いております。

ああ、もしも美咲ちゃんが私の部下で、お砂糖減らしてくださいね、ではなく、ビールを控えてくださいね、なんて飲みの席で頬を赤く染めて言ってくれたら・・・。

「なんだよ、女房でもないのにお節介はやめてくれよ」

「サカモトさんには心配してくれる奥さんがいないから、私がちょっと言ってあげただけです。お節介に飢えてるんじゃないかと思って」

「なーに言ってんの。おまえこそ彼氏にお節介焼きたいのに、その相手もいないもんで、こんなしょぼくれた中年男で代用しようなんて、さびしいねえ」

「そんな!代用なんかじゃ・・・あっ」

「・・・えっ?」

「いえっ、なんでもありません!」

・・・うーん。いい展開。その場で禁酒ですね。ついでに禁煙も。

ま、下らん妄想はこのぐらいにして・・・。



ドラマが始まる前はメイサさんの基子と多部さんの美咲の役が逆だった方が面白いのに、なんて冗談半分で思ってたけど、やっぱりそれは無謀な発想でした。
やはり適材適所はあります。多部さんに基子を演じるのが無理だとは決して思いませんが、メイサさんと比べればやはり基子はメイサさんです。

多部さんの身体能力だったら男との格闘もこなせるとは思います。
基子の他人を遮断する冷めた目も、当然出来ると思います。
ベッドシーンも・・・やったらやったで、やってしまったら、やったなりに、やったとしても、やらなくていいけど、出来ると思います。

でもいかんせん多部さんの華奢な体はやはり軽いです。イメージ的にも。
格闘技で相手の体を破壊する、力で相手を殺す。その重さが多部さんには希薄です。メイサさんの方がやはりハマります。
メイサさんの方がやはり身体的に強いです。彼女も華奢ではありますが、前回の記事で書いたような彼女のパブリックなイメージも手伝って、基子の格闘する動きにある一定の重みと鋭さを加えることが出来ていると思います。

多部さんだって格闘技でなければ十分に相手を殺すことができると思ってるんですけどね。
例えば綾瀬はるかさんが演じた「ICHI」の女座頭市の役とかだったら。
想像すればゾクゾクするほどハマります。切れ味も、悲しみを背負った表情とかも。
身体的な重さは無いけど多部さんにはキレはあります。何人でも男を殺せます。

ただ、根本的なことを言うと多部さんが基子をやるよりメイサさんが美咲をやるほうがずっと困難になるってことでしょう。
素っ裸の男の股間を見て「イヤ〜〜ッ!」とか「もうムリ〜!」とか言うメイサさんは、やはり苦しい。
そう、彼女なら男の股間を見て鼻で笑う。

多部さんだったら「イヤ〜!」でもいいし、鼻で笑う役だってできるんです。
どっちだっていいんです。
例えば寮の食堂のおばちゃん役だっていいし、ジウ役だっていいんです。
だって、多部さんなんだもの。



今年の夏はいつになく多くドラマを見てます。
といっても「ジウ」を含めて5つですが。
中にはほとんど挫折しかかってるのもありますが、この際だからちゃんと見ておきたい女優さんが主演、ヒロインのドラマなので頑張って観てます。
その女優さんは新垣結衣、満島ひかり、井上真央、上野樹里、黒木メイサ、の5人です。
惹かれたのは満島さんと井上さんですね。
なんとなくですが、5作品中4作の主役のキャラクターがみんな類型的で、たまたまなのか、まあ主役だからあんまりクセの強いキャラ設定はできないってことなのか、その点は面白味が無いなーなんて思ってました。
しかし、もっとも類型的と思われる役の井上さんが意外に良かったです。この方の安定感は凄いですね。安定感はあるのに新鮮な感じもずっと保ってる。ちゃんと観たのが初めてだからかもしれませんが。
満島さんはこの中で唯一ちょっとクセのある人物設定ですが「おひさま」の方でも「それでも、生きていく」の方でも、その人をしばらく見ていたいと思わせる魅力があります。キャラのクセが見ていてクセになるんですね。もっと観たいです。

「ジウ」の美咲も基子も、やはりいまのところキャラクターは類型的です。
多部さんは役をハミ出すような演技はしません。
与えられた役を過不足無くこなすのが多部さんだと思ってます。
しかし類型的だろうがなんだろうが、好みのタイプじゃないとかなんとか思いながらも気付いたときには落ちてしまってるのが恋ってやつです。
毎度のことですが。

いやー、美咲ちゃんは可愛いです。
だって、多部さんなんだもの。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
3ヶ月ぶりの記事だから、いったい何を書いてるのだろうとワクワクしながら読んだんですけど ・・・

な〜んだ ・・・ いつものオノロケですかぁ(笑

いや冗談ですけど、相変わらずのテンションで多部さんを想っていらっしゃることが伝わってきて圧倒されてます。
多部さん評に関してはほぼ納得 ・・・ 多部さんですものねえ(笑

井上さんは ・・・ キッズ・ウォーのイメージがどうしても抜けきらない(笑
rakuyou
2011/09/01 16:54
>な〜んだ ・・・ いつものオノロケですかぁ

すいませんねえ。
全く一方通行のラブコールですが、オノロケと受け取っていただけるとは(笑

>相変わらずのテンションで

まあ多部さんが相変わらずですから、それを見れれば我々はテンション上がりますね。
rakuyouさんブログのテンションには全く及びませんけど(笑

サカモト
2011/09/02 03:27

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「ジウ」絶賛放送中 えくぼと鹿と魚の子/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる