アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「源氏物語」のブログ記事

みんなの「源氏物語」ブログ


「源氏物語 千年の謎」

2011/12/22 04:41



少々遅くなりましたが観てきました。

またレイトショーだったので、今はまだ観てから数時間しか経ってません。
ゆえにこの「源氏物語 千年の謎が」一体何を表現しようとしていたのか。
それが今の私にとっての数時間の謎だったりします。

でも多部さんが葵の上を演じてくれたので、何か書きたいという欲求だけは、超怠け者の私でもあったりします。


この映画で多部さん演じる葵の上は、平安時代の衣装と動きの少ない佇まいで、ほとんどが寝所のみの登場、って感じでした。

正直言って物足りません。
光源氏とのやりとりも少なく、葵の上が彼を疎ましく思う気持ちも、懐妊後に少し心を許す様になる過程も描き方が中途半端です。
光源氏が最初の逢瀬で葵の上に媚びる感じで「このまま二人っきりの世界でいたい」みたいなことを言いますが、全く現実的に「二人っきりでは日常生活に支障をきたします」って感じでそれをあしらってた葵の上には多部さんっぽいなって思って笑っちゃいましたけど。

やはり平安時代の衣装と髪型と所作は動きがことごとく制限されるようで、各女優さんも、もちろん多部さんも、その表現力は声と顔の表情とに集約されます。

しかし、「デカワンコ」での、振り切ったキャラクターを軽々とやってしまう多部さんを、こうしてカッチリと「源氏物語の葵の上」という枠でコリ固めてしまうとどうなるか、という興味は、裏テーマとして私の中に厳然としてあったんです。
そしてそれは結構満たされました。

「デカワンコ」や「真夜中からとびうつれ」での規格外の魅力を、古典の超有名キャラクターの制約で封じるんです。
気分は大御所監督です。裏を返せばイケナイ多部さんファンかもです。

動きを封じられた多部さんの声は、やはり思った以上にイイです。
光源氏の正妻という運命に殉じるその諦念の憂いもイイです。
夫の情人に生き霊で苦しめられる、その運命も儚くてイイです。
そうです。この映画を観ている間、私はサディステックな多部さんファンでした。

制約に拘束される多部さんも全然アリで、多部さんの魅力にまた一つ新たな項目を書き加えることができました。それだけで、私はこの映画をヨシとします。

大活躍していた田中麗奈さんも観ることができましたし、多部さんと麗奈さんの、合成じゃない共演シーンもありました。ここは個人的に長年のファンの田中さんと多部さんの共演にワクワクできました。



レイトショーだったから、入る前はガラガラの館内を想像していましたが、思った以上にお客さんはいました。20数人ぐらいかな。
でも男は私一人。二人組で座ってる方々も男女じゃなく女同士でした。
まあほとんどが生田君のファンだと思います。

私は多部さん目当ての少数派だからこれはこれでいいんですが、彼女たちは満足して帰っていったんでしょうか・・・。
私としては、もうちょっと映画的なハッタリ演出を使ってでも、彼、光源氏をカッコよく見せるべきだと思ったんですけど、彼はものすごく淡々とした、苦悩するマザコンの青年でしたね。

主役として華がない光源氏に2時間15分の物語の牽引は難しいように感じました。

ま、生田君ファンの方たちもサディスティックになったり、マゾヒスティックになったりできる作品でしょうから、そういう意味では楽しめますね。





記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4


葵の上

2010/10/13 05:02


今度は古典中の古典ですね。

ただ、「源氏」を基にした創作的なお話らしいですが。

どうせ古典をやるなら「竹取」の姫の多部さんを見たかった・・・あ、いや。

私は原作も読んだこと無いので今の時点ではボンヤリと平安時代の十二単で長い黒髪の多部さんをイメージするだけだが、これがよく分からない。

典型的な現代っ子を演じてるかと思えば、時折ふとその表情に懐かしさを感じさせる面影を宿したり、ってのが今までの多部さんだったので、急に平安時代まで連れて行かれるとその中にどう存在してくれるのか今ひとつイメージできない。
未知な分、かなり楽しみでもあるんだけど。


それよりも、今回の映画化のニュースで嬉しかったのは共演者の中に田中麗奈さんがいることだった。
実は私は田中さんのデビュー時からのファンなので、多部さんとの共演はいずれ見てみたいと思っていたんだけど、ここで来るとは!

しかも多部さん演じる葵の上は田中さん演じる六条御息所に怨まれ、取り殺されてしまうという。
うわーですよ。もう。刺激が強すぎます(…勝手な妄想で、ですが)

光源氏を愛するあまり生霊となって表れるという情念の女VS最初は光源氏に素っ気無かったけど、子供を宿して愛し合うようになったツンデレの女。

いかん。あまりにも田中さんが多部さんを苦しめてしまうと、田中さんのことを嫌いになってしまう。なんて罪な男だ、光源氏・・・。

とまあ、そんな感じで、相変わらずドキドキさせてくれる多部さんです。

その他にも、真木よう子さんとか、芦名星さん、蓮佛美沙子さん、とか、私の好きな女優さんも多く揃ってて、楽しみです。





記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


トップへ | みんなの「源氏物語」ブログ

えくぼと鹿と魚の子 源氏物語のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる