アクセスカウンタ

<<  2011年4月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ


「真夜中からとびうつれ」

2011/04/26 03:23



いやーー、かわいい。

髪を短く切った多部さんを、こんなに早く動く姿で見られるとは思わなかった。
うれしい。

多部さん青い服似合いますね。
好きな色じゃないと言ってたけど、イメージはやっぱり合ってる。いや、多部さんが合わせた演技をしてるのか。


こういう抽象的な映像で観る者に色々な意味づけや解釈をもたらしてくれる作品は、あまり深い解釈はできないけど、好きです。

今回は虚構と現実が曖昧に交錯する虚構作品。
言わば虚構について自己言及する虚構でしょうか。
これって鑑賞して一番面白く(不思議な感覚で)観れるのは演じた多部さんだったりして。

でもある意味で多部さんファンも出てきましたねー。
多部さんに蹴られるオジサンたち。めちゃカワイイ「ほいっ」とか言う掛け声で。
おお、虚構と現実の区別が・・・いや、つきますが。
でも結局は多部さんに燃やされちゃうところがコワイ(笑
監督・・・何か暗喩してますか。


私は「硝子と鉛の火粉」や「こわい童謡」とかで見られる非人間の演技をする多部さんをもっと見たいとずっと思ってる。絶対に魅力的だと。
この作品中の多部さんにもその要素が少しあってうれしかった。

そして、私はこういった難解な作品に出る多部さんももっと見てみたい。
これは「農業少女」を観たときにも思ったことだけど、私には、抽象的な作品の表現にあれこれと考えを巡らせながら見てる最中にも、ただ一瞬の多部さんの表情や存在感に思考をすっ飛ばされる瞬間があったりする。
で、その瞬間がとっても気持ちよかったりする。

まあ今回のショートフィルムでは、もう最初の多部さんの横顔ですっ飛んでましたけどね。
あとタバコのシーンも。
タバコの煙は苦手だと言ってたけど、頑張ったんでしょうか。


さあ、すぐ土曜日には「デカワンコ」です。
あっと、こちらではピンクがバッチリ似合うワンコだった。
やっぱり多部さんが合わせてるんですね。






記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 10


<<  2011年4月のブログ記事  >> 

トップへ

えくぼと鹿と魚の子 2011年4月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる