アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「ジウ」のブログ記事

みんなの「ジウ」ブログ


「ジウ」終了

2011/09/25 02:38




例えば、気の合う仲間たちとの楽しい飲み会の席で、突然誰かが、ふと真顔になって、「どうして人は人を殺してはいけないんだ?」と言ったら、その場の空気はどうなるだろう。

まあ大体は、一瞬シラッとして失笑のムードになるか、その人がツッコミ役の誰かに頭をはたかれて一笑いあるか、ってところでしょう。

「どうして人は人を殺してはいけない?」という問いに場の空気をシラけさせる力があることは誰でも知っている。
そして誰もがツッコミたい気持ちを持ってしまうのだが、同時に誰もが100%完璧な答えを用意してその問いに答えることができないことも知っている。

こんな問いを掲げて新世界秩序"という思想(思想というほどの説明はなかったが)を軸に持ってきたこのドラマが、ちゃんと観てる人をシラけさせずに感情移入させることはとても難しい。

では、こんな問いは娯楽作品には不向きなのか、といえば、そんなことはないと思う。
誰もが完璧な答えでツッコミを入れられないという点を逆手に取って話を広げることは有効だし、実際人の生死をテーマに据えている物語は数え切れないほど氾濫してる。そしてちゃんと娯楽作品として成立させていて、感動させられた作品を観た経験も誰もが持っている。
この問いは、ちゃんと順序を踏んで準備をして、ある程度相応しい場所を作り上げた上で発せられれば、観る人の心を揺らすことができる。
それを私も観たことがあるし、つい最近にも、それはあった。
要は作り手の作品に対する覚悟の問題ではないだろうか。


多部さん演じる門倉美咲は、このドラマの主要人物の中で最もこの問いに反論できる資質を持った人物だった。そう描かれていた。
ちゃんと時間を割いて父親や母親との心の交流を持つ場面も描かれていたし、尊敬する男性に恋心を持つ可愛いシーンもあったりした。

門倉美咲はごく平凡に人生を生きて、現在の日常の倫理観を守る私たちの側にいる魅力的な女性そのものだ。

では、美咲はこの作品で、私たちの代わりにこの問いにちゃんとツッコミを入れられたか、といえば残念ながらそうではない。
結局美咲には、その人格をかけて対峙する相手がいなかった。私にはそう見えた。
ジウはとうとう最後まで、その存在意義が私にはよくわからなかったし、美咲は黒幕のミヤジとは言葉を交わす機会すら無かった。
あんなカキワリの様な薄っぺらい敵では、美咲が突っ込むより先に視聴者に安易なツッコミを入れられても飛んでいってしまう程度のものだったように思う。
結局、二人は自爆して吹っ飛んでしまうという結末だったが。

私は原作を読んでいないのでドラマの展開に奥行を含ませることができないのだけれど、ジウが最後にミヤジに逆らって少女を助けたのは、あそこに突然現れた美咲に説得されたから、でいいんでしょうか。
突然現れた初めて見る女の人に「あなたは両親に伝えたかったのよね?僕はここにいるって」と言われて改心するのがドラマのタイトルを背負ってるジウなんですね。
美咲の、とうとう最終回まで引っ張られた活躍する場面も、あれなんですね・・・。
爆発のシーン、私も一緒にスイッチを押してました・・・。


しかし、そういった残念な展開のドラマの中でも、やはり主役の二人の存在感は確かなものでした。
基子の、精神的には危ういものを感じさせつつも身体的にはムチのようにしなやかで強いといった特徴を、演技とアクションの両方で魅せてくれたメイサさんは流石でした。
正直言って今回のドラマの展開では、基子役がコケてたら多分総崩れだったように思います。
多部さんの美咲役は今回のドラマでは憩いの場でした。
相変わらず表情も多彩でしたし大人の女性の雰囲気も感じさせてくれました。中年男に恋する女性という役も、色んな楽しみ方を与えてくれました(個人的に)

もっとこの二人のカラミが多ければ見応えは増えたように思います。
最終回の最後の二人のやりとりがあんなにいい場面になるんだから、やっぱりこの二人の対立を軸にしたドラマを観たかった、と感じた視聴者は多かったでしょう。
ま、原作があるんだからそういうわけにはいかないでしょうけど・・・。




記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8


「ジウ」絶賛放送中

2011/09/01 00:54




八月が終わってしまいました。
今年の夏も予想通りの猛暑続きで、私は今年もビールの消費量が相変わらず減らず、八月初めぐらいに一度鈍い痛みが下腹部を襲い、1年10ヶ月前の尿管結石を再発させたかと恐怖に慄きました(2009/11/19の記事参照)。でも今回は鎮痛剤を飲んで数時間ガマンをしていたらケロッと治りました。
あれはなんだったんだろう。単に別の原因の腹痛か・・・それともわずか数時間で石が出てしまったのか・・・。
で、喉元過ぎれば熱さを忘れる、じゃないですが、翌日にはもう暑さに耐え切れずまたビールをあおる日々が続いております。

ああ、もしも美咲ちゃんが私の部下で、お砂糖減らしてくださいね、ではなく、ビールを控えてくださいね、なんて飲みの席で頬を赤く染めて言ってくれたら・・・。

「なんだよ、女房でもないのにお節介はやめてくれよ」

「サカモトさんには心配してくれる奥さんがいないから、私がちょっと言ってあげただけです。お節介に飢えてるんじゃないかと思って」

「なーに言ってんの。おまえこそ彼氏にお節介焼きたいのに、その相手もいないもんで、こんなしょぼくれた中年男で代用しようなんて、さびしいねえ」

「そんな!代用なんかじゃ・・・あっ」

「・・・えっ?」

「いえっ、なんでもありません!」

・・・うーん。いい展開。その場で禁酒ですね。ついでに禁煙も。

ま、下らん妄想はこのぐらいにして・・・。



ドラマが始まる前はメイサさんの基子と多部さんの美咲の役が逆だった方が面白いのに、なんて冗談半分で思ってたけど、やっぱりそれは無謀な発想でした。
やはり適材適所はあります。多部さんに基子を演じるのが無理だとは決して思いませんが、メイサさんと比べればやはり基子はメイサさんです。

多部さんの身体能力だったら男との格闘もこなせるとは思います。
基子の他人を遮断する冷めた目も、当然出来ると思います。
ベッドシーンも・・・やったらやったで、やってしまったら、やったなりに、やったとしても、やらなくていいけど、出来ると思います。

でもいかんせん多部さんの華奢な体はやはり軽いです。イメージ的にも。
格闘技で相手の体を破壊する、力で相手を殺す。その重さが多部さんには希薄です。メイサさんの方がやはりハマります。
メイサさんの方がやはり身体的に強いです。彼女も華奢ではありますが、前回の記事で書いたような彼女のパブリックなイメージも手伝って、基子の格闘する動きにある一定の重みと鋭さを加えることが出来ていると思います。

多部さんだって格闘技でなければ十分に相手を殺すことができると思ってるんですけどね。
例えば綾瀬はるかさんが演じた「ICHI」の女座頭市の役とかだったら。
想像すればゾクゾクするほどハマります。切れ味も、悲しみを背負った表情とかも。
身体的な重さは無いけど多部さんにはキレはあります。何人でも男を殺せます。

ただ、根本的なことを言うと多部さんが基子をやるよりメイサさんが美咲をやるほうがずっと困難になるってことでしょう。
素っ裸の男の股間を見て「イヤ〜〜ッ!」とか「もうムリ〜!」とか言うメイサさんは、やはり苦しい。
そう、彼女なら男の股間を見て鼻で笑う。

多部さんだったら「イヤ〜!」でもいいし、鼻で笑う役だってできるんです。
どっちだっていいんです。
例えば寮の食堂のおばちゃん役だっていいし、ジウ役だっていいんです。
だって、多部さんなんだもの。



今年の夏はいつになく多くドラマを見てます。
といっても「ジウ」を含めて5つですが。
中にはほとんど挫折しかかってるのもありますが、この際だからちゃんと見ておきたい女優さんが主演、ヒロインのドラマなので頑張って観てます。
その女優さんは新垣結衣、満島ひかり、井上真央、上野樹里、黒木メイサ、の5人です。
惹かれたのは満島さんと井上さんですね。
なんとなくですが、5作品中4作の主役のキャラクターがみんな類型的で、たまたまなのか、まあ主役だからあんまりクセの強いキャラ設定はできないってことなのか、その点は面白味が無いなーなんて思ってました。
しかし、もっとも類型的と思われる役の井上さんが意外に良かったです。この方の安定感は凄いですね。安定感はあるのに新鮮な感じもずっと保ってる。ちゃんと観たのが初めてだからかもしれませんが。
満島さんはこの中で唯一ちょっとクセのある人物設定ですが「おひさま」の方でも「それでも、生きていく」の方でも、その人をしばらく見ていたいと思わせる魅力があります。キャラのクセが見ていてクセになるんですね。もっと観たいです。

「ジウ」の美咲も基子も、やはりいまのところキャラクターは類型的です。
多部さんは役をハミ出すような演技はしません。
与えられた役を過不足無くこなすのが多部さんだと思ってます。
しかし類型的だろうがなんだろうが、好みのタイプじゃないとかなんとか思いながらも気付いたときには落ちてしまってるのが恋ってやつです。
毎度のことですが。

いやー、美咲ちゃんは可愛いです。
だって、多部さんなんだもの。





記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2


「ジウ 警視庁特殊犯捜査係」

2011/06/06 13:24



夏ドラマへの出演が発表されました。
これで今年も私を夏バテから救っていただけるようで、多部さんに感謝です。

「デカワンコ」が最高にキュートだった多部さんには新たなファンやファン予備軍の方は確実に増えてると思うし、当然今のタイミングでの多部さんへの出演依頼は多くなってると想像はするんだけど、なんでしょうね、女優業に執着しない多部さん、というイメージが私にはすり込まれてしまってるゆえか、だからこその多部さん、という個人的な願望ゆえかはわからないけど、とりあえずこうして次作が決まるとちょっとした幸運に遭遇したような気になったりする。
多部さんの一つの作品が終わる度に、次の出演作までの長ーい待ち期間を覚悟する心理的習慣がいつしか身についてるんでしょう。


今回のドラマは、原作が文庫本の平積みを本屋さんでよく見かける誉田哲也さんの「ジウ」
私は未読です。でも以前に「武士道シックスティーン」は読む機会がありました。
この小説はとても面白かった。(映画も観ました)

「武士道シックスティーン」は全く対照的な性格の二人の女の子が主人公のお話で、その二人の心の葛藤や移ろいがとても魅力的に描かれていてすごく惹き込まれる小説だった。
この作家さんがその手腕でもって、この「ジウ」では設定を凶悪犯罪を扱う刑事の物語にして、こちらもやはり対照的な性格の二人が主人公のお話になってるということなので、そういう設定上の面白さへの期待は当然高くなってくる。

で、多部さんの役とは対照的なもう一人の主演というのが黒木メイサさん。

私の中で黒木メイサという女優さんは、このドラマに関係なく、もし仮に私が多部さんと同年代の女優さんで多部さんのイメージと真逆のイメージの人を選べ、という質問をされたとしたら、多分黒木さんを選んだだろうと想像するぐらい対照的な方です。
つまりキャスティングはピッタリなんですね。ピッタリ過ぎるぐらいですが。

私が持っていた黒木さんに対するイメージは決して悪いものじゃない。でも少し前までこの方の出演作を全く見たことが無かった。(率直に言って関心が無かった)
ここ最近になって、数ヶ月前に実写映画版「宇宙戦艦ヤマト」を見て、そしてもの凄く久しぶりにフジの月9ドラマを今たまたま見ていて、期せずして黒木さんの出演作を続けて見ることができている。
その2作品限りの印象としては、この方はやはりカッコイイ女性です。
立ち姿とかに独特のムードがあって、あと男を見るときの眼差しとかもイイです。
でも、今のところはどうしても演技上の印象よりも、タレントとしてのイメージの方が勝ってしまうことも否めない。
私の感じる黒木さん魅力の強さは、とんでもなく通俗的な芸能人・女優のパーソナリティを背負って(自分から求めて?)でも涼しい顔して芸能界を渡っていけそうな、そういうイメージでも堂々と引き受けられそうな、その潔い姿勢にあるような気がする。
それが演技をする上でも反映されたかっこよさに見える。
そして、そこが黒木さんに多部さんと真逆のイメージを私が持つ所以の部分になる。
なんせ多部さんは・・・冒頭に書いたとおりに女優の自覚が薄いお人だから(あくまでも個人的な印象です)
つまり、若手の中で最も「女優オーラのある女優」対「女優オーラの無い女優」ってことで、非常に気になる共演になります。

多部さんが共演者と演技を競う、なんて意識で作品を見たことは今まであまり無かったけど、思い浮かぶのはやはり「鹿男あをによし」になる。

私は「鹿男」は綾瀬はるかが見たくて見始めたようなもので。で、見始めてみればやっぱり綾瀬さんが可愛くて序盤の退屈な展開にもガマンが出来たようなもので。
少しずつお話に引き込まれるようになっても綾瀬さんは可愛くて面白くて出番も多くて、やっぱり華のある女優さんってこういう方のことを言うんだなー、なんて思って楽しく最終回まで観終わって・・・でも最終的に印象に残ってたのは出番の少ない多部さんの方だった。

その頃ある程度人気も知名度もあった綾瀬さんが、こんなほとんど初めて見るような地味な顔した(ごく最初の印象ですよ)女の子に存在感で負けるのは私の中で衝撃に近いものがあった。
そっから患って今に至るんですが・・・。

綾瀬はるかさんは今でも大好きな女優さんです。
黒木メイサさんも多分、いい女優さんだろうと思ってます。
魅力ある女優さんたちとの新たな共演は、多部さんは本当にどういう女優さんなんだろうか、という私の中の謎にまた新しい答えをくれそうで楽しみです。




あ、日テレのエコ特番も、やっと録画を見れました。
久々のテンション高めで、見てるこっちまで楽しくなるほど多部さんも楽しんでましたね。そして女優オーラも無い。やっぱり。
あまりに素朴な、好奇心旺盛な22歳の可愛い女性でした。

ミミズのリアクションもお見事でした。
仕方ないですよね。あの素朴なキラキラした目を前にしたら、スタッフさんもミゲルさんも、この子のドッキリした顔を見たいっていう誘惑に勝てるわけないですもん。






記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4


トップへ | みんなの「ジウ」ブログ

えくぼと鹿と魚の子 ジウのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる